女性

乾燥を防ぐ

あのスキンケア方法が肌に良くなかった

美容

乾燥肌になってしまう原因はいろいろありますが、よく言われるのは洗いすぎや熱いお湯で洗う事です。 それ以外にも意外なものが乾燥肌になってしまう原因があります。それが拭き取りクレンジングや拭き取り化粧水を使ってしまうことです。 これらには界面活性剤が入っていることが多いです。洗浄力の高い洗顔料やクレンジングも界面活性剤が入っていることが多く、肌に負担をかけてしまいます。 強力な洗浄力で必要な保湿成分まで落としてしまい、乾燥肌になってしまう訳です。 こういうスキンケアを続けている限り、乾燥肌は改善されないので、まずは自分のスキンケア方法を見直した方がいいです。必要なものまで落とさない、肌に優しいスキンケアを心がけたいですね。

乾燥肌に必要な成分とは

乾燥肌を改善するには、まず自分のスキンケアを見直すことが大切です。 乾燥肌の人はどういうスキンケアを行えばよいのでしょうか。 以前は保湿成分として有名なヒアルロン酸を与えるというのもよく言われていましたが、ヒアルロン酸は水分を溜め込む力が主な役割です。 乾燥肌は肌のバリア機能が落ちて肌から水分が蒸発しやすくなっています。なので、バリア機能を高めないといくら水分を溜め込んでも逃げてしまいます。 そこで乾燥肌にいいと言われている成分がセラミドです。 セラミドは肌の保湿に書か欠かせない成分で、肌のバリア機能を高める効果があります。 乾燥肌のスキンケアとしてセラミド化粧品を取り入れると肌が変わってくるかもしれません。